« 先週金曜日のお店の様子をどうぞ。 | トップページ | 晴れたね、白玉♪ »

2009年1月21日 (水)

しょうがと紅茶。

昨日は大寒でした。

Simg_0712

一年で一番寒い日といわれる「大寒」。近所では病院でインフルエンザが猛威を振るった。。。と嬉しくないニュースが流れていました。

こんなに寒くなると、体の芯から温まる飲み物や食べ物が自然と欲しくなってきませんか?

そんな日はやっぱりしょうが紅茶。
以前、しょうがをハチミツに漬け込んでおいたものを使いました。

Simg_0710

画像でお判りでしょうか?
ハチミツが濁っているのは私の撮影の腕が悪いわけではないのです。しょうがのエキスがハチミツに溶け出した証拠なのです。そのため、しょうがはもうシワシワになっています。ハチミツも最初はどろっとしていたはずなのに、カップに注いだらサラサラでした。

丁度、昨日の読売新聞朝刊にも「しょうがが人気」という記事が載っていました。

「ショウガ入り」ぽかぽか効果

写真の拡大
「毎日しょうが」は紅茶に入れるなど様々な食べ方がある

 寒さが本格化する中、体を温める効果のあるショウガを使った食品や飲料が登場し、人気を集めている。

 健康ブームに加え、かすかに感じるピリリとした風味を新鮮に感じるらしい。

 永谷園は2007年6月から、「冷え知らずさんの生姜シリーズ」を発売し、話題を集めている。乾燥させたショウガを入れた即席スープや雑炊、ショウガ入りのお茶「生姜チャイ」など、現在11種類の商品がある。

 同社は商品開発の際、20~30歳代の女性約300人に体調に関する悩みを調査。それによると、約4割が冷え性に悩んでおり、そのうち4割が対策 を講じていないことがわかり、体を温める効果のあるショウガに着目したという。売り上げは当初想定していた倍以上。反響を受け、ショウガ専用ホームページ(http://www.shouga-bu.com/)も設け、「えびしょうがチリソース」などの料理レシピを紹介している。

 ベターホーム協会も昨年11月から、すりおろした国産ショウガとグラニュー糖を練り合わせたジャム「毎日しょうが」(175グラム、550円) を、全国の「ベターホームのお料理教室」などで発売。ジャムの加熱時間を短くし、ショウガの風味を残した。「さらりとした舌触りと、ピリリとした辛さを新 鮮に感じてもらえるようです」と同協会。

 ほかにも、昨年はクラシエフーズがショウガとハチミツを組み合わせたキャラメル「ジンジャーキューブ」(8粒入り、126円)、ブルボンが湯や牛 乳で溶く粉末タイプの「しょうがココア」(150グラム、希望小売価格250円)を発売。コーヒーやビールなどでもショウガを使った商品が相次いで登場し ている。

 最近は、紅茶などに入れるため、練りショウガを常時持ち歩く人も。英語でショウガを意味する「ジンジャー」をもじって「ジンジャラー」と呼ばれているという。薬味としてだけでなく、こうした新しい食品や飲料でショウガの多彩な風味を楽しめそうだ。

(2009年1月20日  読売新聞)

この記事・写真等は、読売新聞社の許諾を得て転載しています
読売新聞社の著作物について http://www.yomiuri.co.jp/policy/copyright/



私も、OL時代は会社の机の引き出しにしょうがチューブを入れていました^^
しょうが紅茶の時は、合わせるお菓子も体に良い黒糖を使ったふ菓子です。

Simg_0719

体を冷やさないようにお過ごし下さい。

Simg_0722

Simg_0723




 

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでよろしくお願いします♪
⇒ Banner_04_6

|

« 先週金曜日のお店の様子をどうぞ。 | トップページ | 晴れたね、白玉♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102850/43809020

この記事へのトラックバック一覧です: しょうがと紅茶。:

« 先週金曜日のお店の様子をどうぞ。 | トップページ | 晴れたね、白玉♪ »